リクルートカードとnanacoを活用してポイントを貯めながら税金や公共料金を払う方法

nanacoにはクレジットカードチャージというチャージ方法があります。

このとき、クレジットカードからチャージした金額分だけ、クレジットカードのポイントが付くクレジットカードがあります。

その一つがリクルートカードです。リクルートカードは還元率が1.2%ですので、例えば、1万円チャージをしたら120ポイント(実質120円分の)ポイントが付くことになります。

リクルートカードについて

そもそもリクルートカードとは、どんなカードなのでしょうか。

図1:リクルートカード(リクルートカードHPより)

  • 年会費が永年無料
  • 還元率1.2%
  • 選べる国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    • JCB
  • 国内・海外旅行保障
    • 海外最高 2,000万円
    • 国内最高 1,000万円
  • ショッピング保険
    • 海外・国内 年間200万円
  • ETC
    • リクルートカード(MastercardまたはVISA)
      • 新規発行手数料:1,000円(税別)
      • 年会費:無料
    • リクルートカード(JCB)
      • 新規発行手数料:無料
      • 年会費:無料
  • 家族カード:無料

こんな感じのカードです。このカードの大きな特徴は、年会費が無料でありながら、還元率1.2%と高還元率であるということ、nanacoでクレジットカードチャージをしたときにポイントが付くという点です。

還元されるリクルートポイントはPontaポイントと交換が可能なので、使い道もたくさんあります。過去にPontaポイントのおすすめの使い方について書いたことがあるので、よかったら見てみてください。

Pontaポイント(リクルートポイント)どのように使ってますか? 皆様、すでにご存じの方も多いと思いますが、リクルートポイントからPontaポイントに交換...

おすすめの国際ブランド

国際ブランドはVISA、マスターカード、JCBがあります。

この中で私個人のおすすめはVISAです。その理由は、nanacoのクレジットカードチャージのほかに、楽天Edyのクレジットカードチャージについてもチャージ分が還元されるためです。

ETCカードが欲しいよという方は、新規発行手数料と年会費ともに無料であるJCBを選択するといいと思います。

リクルートカードとnanacoの活用

なぜ、クレジットカードチャージをしてまで、nanacoを利用するのでしょうか。

それは、クレジットカードでは通常支払いができない税金や公共料金をnanacoで支払うことができるからです。

これは何を意味するのかというと、クレジットカードチャージをした金額分だけポイントがもらえるということです。

例えば、自動車税が29,500円だったとします。

普通に現金で納付すると、29,500円支払うことになりますよね。

しかし、クレジットカードチャージをしたnanacoで29,500円を支払うと、29,500円は支払っていますが、クレジットカードチャージをした金額分のポイントがもらえます。

リクルートカードの還元率は1.2%ですので、29,500円×1.2%=354ポイント(約354円相当)がもらえるということです。

nanacoで支払いができるもの

nanacoで支払いのできる代表的な税金や公共料金です。また、バーコードの付いている振込用紙は基本的にnanacoで支払いができるはずですので、活用してみてください。

  • 固定資産税
  • 自動車税、軽自動車税
  • 所得税
  • 住民税
  • 国民年金
  • 国民健康保険
  • 電気
  • 水道
  • ガス

まとめ

リクルートカードはnanacoでクレジットカードチャージをしたときにチャージした金額分だけクレジットカード会社のポイントが還元されます。

クレジットカードチャージをしたnanacoで税金や公共料金を支払うことができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする