【Excel】SUMIF関数とSUMIFS関数|条件付きで合計を求める

今回は知っていると便利な〇〇IF関数のひとつSUMIF関数とSUMIFS関数についてご紹介します。

SUMIF関数とSUMIFS関数は条件付きで合計を求めたいときに便利な関数です。

SUMIF関数とSUMIFS関数

SUMIF関数とSUMIFS関数は条件付き合計を求める関数です。

言葉で説明しても、わかりにくいので例を使って説明させていただきます。

図1のような表があります。このとき、グループAの点数の合計を求めたいときはどうすればいいでしょうか。

図1:例

ポイントは2つです。
1.グループAという条件がある
2.点数の合計を求めたい

なんとなく条件という響きからIF文と合計という言葉からSUMを使いたくなる気がします。IF関数とSUM関数を使って合計を出そうとすると大変です。

例のような条件付きで合計を求めたいときは、SUMIF関数という便利な関数があります。

SUMIF関数

SUMIF関数の書式は次の通りです。

SUMIF(範囲, 検索条件, [合計範囲])

さて、引数をひとつひとつ見ていきます。

範囲

範囲は検索したい条件のセル範囲を指定します。

今回の場合は、グループという条件があるので、C2:C10を指定します。

検索条件

検索条件に条件を指定します。
今回の例の場合、グループAという条件ですので、”A”と指定します。

補足:グループA以外という条件がある場合は”<>A”、検索条件が数値に関するものであれば”>100″のように不等号を使用して条件を指定します。

[合計範囲]

合計範囲は合計を求めたい範囲を指定します。
ここでは、D2:D10を指定します。(D2のみの指定でも大丈夫ですが、ここではわかりやすいようにそのまま範囲を指定します。)

=SUMIF(C2:C10,”A”,D2:D10)

これでグループAの点数の合計が出力できます。

SUMIFS関数

次はSUMIFS関数について見ていきましょう。SUMIF関数とSUMIFS関数、とても名前が似ていますね。IFのあとにSがあるかないかの違いです。

このSUMIF関数とSUMIFS関数の何が違いうかというと、条件が1つのときはSUMIF関数、複数条件のときはSUMIFS関数を使います。

先ほどの図1において、「グループA」、かつ、「性別が男」という条件付きで合計を求めることにしましょう。「グループA」、「性別が男」という複数の条件があります。

複数の条件があるので、SUMIF関数ではなく、SUMIFS関数の出番です。

SUMIFS関数の書式は次の通りです。

SUMIFS(合計対象範囲, 条件範囲 1, 条件 1, [条件範囲 2, 条件 2], …)

条件範囲、条件は条件の数によって変わります。今回の例の場合、「グループ」と「性別」に関する条件が2つあるので、条件範囲1・2、条件1・2の引数を使用します。

合計対象範囲

合計をするセル範囲を指定します。

ここでは、点数を合計したいので、D2:D10を指定します。

条件範囲1

条件範囲1には、1つ目の条件の範囲を指定します。

今回の場合、グループに対して条件があるのでC2:C10を指定します。

条件1

条件1には、1つ目の条件を指定します。

ここでは、グループAという条件があるので”=A”を入力します。

条件範囲2

条件範囲2には、2つ目の条件の範囲を指定します。

性別に関する条件があるので、B2:B10を指定します。

条件2

条件2には、2つ目の条件を指定します。

ここでは、性別が男という条件があるので”男”を入力します。

それでは、SUMIFS関数の書式に当てはめてみましょう。

=SUMIFS(D2:D10,C2:C10,”=A”,B2:B10,”男”)

これで、「グループA」、「性別が男」を満たす名前の人の点数を求めることができます。

補足

SUMIF関数やSUMIFS関数と同じような関数でCOUNTIF関数やCOUNTIFS関数があります。COUNTIF関数、COUNTIFS関数は条件付きで数を数える関数です。

COUNTIF関数、COUNTIFS関数の違いも条件が1つか複数で使い分けます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 乙五六 より:

    [合計範囲]
    合計範囲は合計を求めたい範囲を指定します。
    ここでは、D2:D10を指定します。(D2のみの指定でも大丈夫ですが、ここではわかりやすいようにそのまま範囲を指定します。)
    =SUMIF(A2:D10,”A”,D2:D10)
    これでグループAの点数の合計が出力できます。

    とありますが、
    =SUMIF(C2:C10,”A”,D2:D10)
    ではないでしょうか?

  2. tom より:

    乙五六様

    ご指摘ありがとうございました。
    修正させていただきました。
    誤字等多くて申し訳ないです。