【Windows10】起動時にプログラム(アプリ)を自動的に起動するスタートアップの設定方法

Windowsの起動時に起動しておいてほしいプログラム(アプリ)ありますよね。

Windowsには、スタートアップというフォルダがあり、そのフォルダの中に入っているプログラム(アプリ)はWindowsの起動と同時に自動的に起動します。

今回は、スタートアップの設定方法について説明します。

スタートアップの設定方法

スタートアップの設定方法は難しくありません。下記の流れになります。

1.Windowsの起動時に自動的に起動したいプログラム(アプリ)のショートカットを作成する
2.スタートアップのフォルダに1で作成したプログラム(アプリ)のショートカットを入れる

ショートカットの作成方法

はじめにWindowsのスタートボタンを押します。(図1)

図1

Windowsの起動時に自動的に起動したいプログラム(アプリ)を探します。プログラムを探したら、デスクトップの空いている場所にドラッグ&ドロップします。

するとデスクトップにプログラムのショートカットが作成されます。

スタートアップフォルダについて

スタートアップフォルダは一般的に次の場所にあります。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

ユーザー名の部分は各々のユーザー名を入力してください。

スタートアップのフォルダの開き方

スタートアップは上記の場所にありますが、次の作業を行うことでエクスプローラーでフォルダを開くことができます。

Windowsのスタートボタンを右クリックして、「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

名前の部分に下記を入力します。

shell:startup

図2:ファイル名を指定して実行

スタートアップのフォルダが開いたら、1で作成したプログラム(アプリ)のショートカットを、スタートアップのフォルダに移動させます。

有効・無効を切り替える

スタートアップの有効・無効を切り替えるにはタスクマネージャーというものを使用します。

タスクマネージャーはCtrl+Shift+Escキーを同時に押すことで開きます。覚えると便利なので覚えておきましょう。(図3)

図3:タスクマネージャー(スタートアップ)

タスクマネージャーが開いたらスタートアップというタブを選択して、今回追加したプログラム(アプリ)を見てみてください。状態が有効であれば、Windows起動時に起動しますが、無効の状態だと起動しません。

有効・無効の切り替えは右下のボタンで切り替えます。

以上で、Windowsを起動したときに、今回登録したプログラム(アプリ)が自動的に起動するはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする