【Excel】便利でおすすめのショートカットキー

今回は、私がExcelでよく使うおすすめのショートカットキーをご紹介します。

覚えるととても便利なので、ぜひ活用してみてください。

Excel以外でも使える必ず覚えたい便利なショートカットキー

コピー

 Ctrl + C

絶対活用してほしいショートカットキーのひとつです。

これを覚えれば、Excelだけでなくいろいろな場面で使えます。覚え方はCopyの頭文字Cです。

貼り付け

 Ctrl + V

絶対に活用してほしいショートカットキーのひとつです。なぜ、Vなのかですが、コピーのショートカットキーであるCtrl+Cの後に、すぐ貼り付けを使えるようにするため、キーボードの位置でCの隣にあるVを採用したもの思われます。そうすれば、コピー&ペーストの一連の作業が左手1つで済みます。

切り取り

 Ctrl + X

絶対に活用してほしいショートカットキーのひとつです。なぜ、Xなのかですが、こちらも貼り付けと同様にコピーのCや貼り付けのVと近い位置に配置して、作業効率を上げるためだと思われます。

上書き保存

 Ctrl + S

上書き保存のショートカットキーです。覚え方はSaveの頭文字Sです。稀にExcelがフリーズすることがあるので、ショートカットキーを覚えて、こまめに保存する事をおすすめします。

ちなみに、私はこまめに保存する癖があまりないので、悲劇が起こることがよくあります。(汗)

元に戻す

 Ctrl + Z

元に戻すアイコンは左上にあるので、「元に戻す」を行うためにマウスを左上まで移動させてクリックするのは、すこし煩わしいです。入力中に間違えたとき、ショートカットキーを叔母得ればキーボード上ですぐに元に戻すことができます。

ちなみに、やり直しのショートカットキーはCtrl+Yになります。

印刷

 Ctrl + P

印刷をするためのショートカットキーです。覚え方は、Printの頭文字Pです。

検索

 Ctrl + F

覚え方は、Findの頭文字Fです。

置換

 Ctrl + H

検索とセットで覚えましょう。

テキストの書式に関するおすすめショートカットキー

テキストを太字にする(解除する)

 Ctrl + B

覚え方は、Boldの頭文字Bです。

テキストを斜体にする(解除する)

 Ctrl + I

覚え方は、Italicの頭文字Iです。

テキストに下線を引く(解除する)

 Ctrl + U

覚え方は、Underlineの頭文字Uです。

テキストに取り消し線を引く(解除する)

 Ctrl + 5

意外と便利なショートカットキーです。取り消し線の設定は、「セルの書式設定」→「フォント」→「文字飾り」の部分で設定しますが、このショートカットキーを覚えていると一発で取り消し線が引ける(解除できる)のでとても便利です。

知っていると作業効率がアップするおすすめショートカットキー

今日の日付けを入力する

 Ctrl + ;(セミコロン)

今日の日付けを入力することは多いと思います。上記を覚えておくとすぐに入力できて便利です。ちなみに、今の時間を入力するときは、Ctrl+:(コロン)で入力できます

関数を入力する

 Shift + F3

よく使う関数は、関数名と引数を覚えてしまうのが一番だと思いますが、あんまり覚えていない関数はこのショートカットキーを覚えておくと便利です。

ふりがなを表示する

 Shift + Alt + ↑

ツールバー「ホーム」→「ふりがなの表示/非表示」からでもふりがなを入力できますが、たくさんの項目にふりがなを付けたいときに覚えていると便利です。ふりがなを表示したあとすぐにふりがなの編集に移れます。

テーブルに変換する

 Ctrl + T または Ctrl + L

範囲をテーブルに変換するためのショートカットキーです。覚え方は、Tableの頭文字Tです。Ctrl + Lでも使えますが、私はTの方が覚えやすいかなと思います。

VBA エディターを開く

 Alt + F11

Microsoft Visual Basic For Applications エディターを開くショートカットキーです。

最後に

通常の画面で、Altを押すと、キーヒントと呼ばれる英数字が表示されます。(図1)

図1:キーヒント

例えば、図1の状態で「H」を押すと、図2のようになります。

図2:キーヒント(2)

このようにキーヒントを活用することも可能です。

ショートカットキーを覚えるのはちょっとという方はこちらも試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする