【Excel】改ページプレビューと余白の設定方法(初心者向け)

今回はExcelの改ページプレビューという機能と余白の設定方法についてです。

Excelで作成した表を1ページで印刷しようと思ったけど、表が大きいため複数ページになってしまったなど、本来印刷したい形と実際に印刷したい形に差があることがあります。

このようなときは、改ページプレビューやページ設定を行うことで求めている印刷イメージに近い形で印刷(拡大縮小や余白の設定)をすることができるようになります。

改ページプレビュー

表示タブ→改ページプレビュー(図1)を選択すると改ページプレビューとして、改ページの位置が表示されるようになります。(図2)

青い線でページ毎に区切られるため、どこからどこまでが1ページなのかを把握しやすくなります。

図1

図2:改ページプレビュー

破線の部分が改ページの位置を表します。この破線をドラッグすることで改ページの位置を好きな場所に移動することができます。

例えば、E列とF列の間で改ページをしたいときは、破線をE列とF列の間までドラッグします。
すると、E列とF列の間に破線が移動し、実線に変わります。(図3)

実線と破線の違いは、破線は自動で入れられた改ページ、実線はこちらが指定した改ページになります。

図3:改ページプレビュー(改ページ移動後)

印刷範囲を変更したいときは、青い線をドラッグすることで変更できます。

余白の設定方法

用紙の余白を設定するには、ページレイアウトタブから余白を選択します。

図4

標準、狭い、広いなどの余白設定がデフォルトで存在し、さらに細かい設定を行いたいときは、ユーザー設定の余白をクリックします。

ユーザー設定の余白をクリックすると余白タブを選択します。すると、余白に関する設定ができる画面になります。(図5)

図5:ユーザー設定の余白

ここの画面で、上下左右の余白やヘッダーやフッターのサイズを入力することができます。ヘッダーやフッターは基本的には上余白、下余白より小さい数値になるように設定しましょう。

ページ中央で、水平、垂直にチェックを入れることで、作成した表を中心に持ってくることができます。

印刷プレビューでの余白の設定方法

印刷プレビューの画面でも余白・ヘッダー・フッターを調整することができます。個人的には、直感的に余白やヘッダーを操作できるので、こちらの方が簡単かなと思います。

印刷プレビューの画面を開くと、右下に「余白の表示」というボタンがあります。(図6の赤枠の部分)少しわかりにくい場所ですが・・・。

図6:印刷プレビューでの余白の設定

これをクリックすると図6のように上下左右の余白およびヘッダーとフッターの線がでてきます。これを好みの位置までドラックするだけで、余白やヘッダー、フッターの位置を調整できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする