Excelの関数について(6)(INDEX関数)

Excelの関数について第6回目です。

今回はINDEX関数についてです。INDEX関数は、範囲の中にある値を取り出す関数で、指定した行と列の交わるセルの値を取り出します。

それでは、INDEX関数を見ていきましょう。

INDEX関数

はじめにINDEX関数の書式を見ていきましょう。

INDEX関数の書式

=INDEX(範囲, 行番号, [列番号], [領域番号])

範囲

1つ以上の範囲を指定します。

※範囲を複数指定するときは、括弧()で囲み、コンマ , で区切ります。

行番号

取り出したい値の行番号を指定します

列番号

取り出したい値の列番号を指定します

領域番号

範囲において、記入した順に与えられる範囲の番号です。最初に記入した範囲を領域番号1、次の範囲を領域番号2、以下同様となります。領域番号を省略した場合は、既定値の1となります。

INDEX関数を使用した例

いつも通り、例を見ていきましょう。(図1)

図1:INDEX関数

今回は、2つの表を用意しました。テーブル1とテーブル2です。2つ用意したのは、INDEX関数の引数の領域番号の使い方を確認するためです。

例1)テーブル1の5行2列目の値を取得する

それでは、テーブル1の5行2列目の値をINDEX関数を使って取り出してみましょう。

最初の引数である範囲は、テーブル1の範囲であるB3:D8とテーブル2の範囲であるF3:H8を指定してみます。範囲を複数指定するときは、括弧で囲みます。(E3:D8,F3:H8)となります。

次の行番号と列番号は、今回、5行2列目の値を取り出したいので、行番号が5、列番号が2となります。

最後は領域番号です。範囲で記入した順番に領域番号が与えられます。範囲は(E3:D8,F3:H8)と指定しました。E3:D8は1番目に記入したので、領域番号1となります。

よって、テーブル1の5行2列目の値は次の式になります。

=INDEX((B3:D8,F3:H8),5,2,1)

出力結果はどうなっているでしょうか。図を見るとクレヨンと出ていますね。実際に、テーブル1の5行2列目を見てみると、クレヨンとなっていることがわかります。

ちなみに、今回の場合、

=INDEX(B3:D8,5,2)

と入力しても同じ結果となります。領域番号の指定がない場合は、既定値である1が設定されるためです。

例2)テーブル2の5行2列目の値を取得する

次は、テーブル2の5行2列目の値をINDEX関数を使って取り出してみましょう。(図2)

図2:INDEX関数

最初の引数である範囲は、F3:H8ですが、領域番号の練習のため、(E3:D8,F3:H8)と指定することにしましょう。

次の行番号と列番号は、5行2列目の値をINDEX関数を使って取り出すため、行番号は5、列番号は2となります。

最後の領域番号は、範囲で(E3:D8,F3:H8)指定したので、テーブル2は2番目の範囲なので、2となりますね。

つまり、

=INDEX((B3:D8,F3:H8),5,2,2)

となります。出力結果は「シャーペン」と出ています。実際に、テーブル2の5行2列目を見てみると、シャーペンとなっていることがわかります。

最後に

INDEX関数はどうでしたでしょうか。次回は、MATCH関数とINDEX関数を組み合わた使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする