Excelの関数について(2) (COUNT, COUNTA, COUNTIF関数)

今回は、Excelシリーズの第2弾ということで、数を数える関数のCOUNT関数、COUNTA関数、COUNTIF関数をご紹介します。

何か似たような名前ばかりですね。ひとつひとつ見ていきましょう。

COUNT関数

はじめは、COUNT関数です。

図1をご覧ください。

図1:COUNT関数

今回は例として、名前と得点の表を作りました。

EさんとHさんの得点はまだ未定です。

さて、ここで、得点が記録されている人は今現在何人でしょうか?

普通に数えてみると、10人ですね。

このように数を数えるときに使う関数がCOUNT関数です。

=COUNT(値1, 値2, …)

カウント関数は、範囲内の数値が含まれるセルの個数を求めます。

この数値が含まれるセルの個数というのがポイントです。COUNTA関数というものが出てきますので、数値が含まれるセルの個数というポイントを押さえてください。

今回の範囲はC3~C14なので、次のように入力すると、数値が含まれるセルの個数を求めてくれます。

=COUNT(C3:C14)

これで、10と出力されました。

COUNTA関数

次はCOUNTA関数です。

ん?一瞬同じ?と思えてしましますが、COUNTA関数です。Aが最後についています。

このCOUNTA関数がCOUNT関数とどこが違うかというと、COUNT関数は数値が含まれる個数を求めるものに対して、COUNTA関数は空白以外のセルの個数を求めるものになります。

=COUNTA(値1,値2,..)

実際に、試してみましょう。

今回は、B3からC14のセルの範囲の空白以外のセルの個数を求めることにしましょう。

図2:COUNTA関数

すなわち、

=COUNTA(C3:B14)

と入力すると確かに22と表示されましたね。

ちなみに、=COUNT(C3:B14)と入力すると、数値の個数のみ求めているため、10と出力されます。

COUNTIF関数

最後は、COUNTIF関数です。

今回は、得点が60以上の人数を数えてみましょう。

図3:COUNTIF関数

そうです。関数名のとおりでCOUNTIF関数はCOUNT関数とIF関数が合体したようなものです。

=COUNTIF(範囲, 検索条件)

となります。

範囲は、C3:C14で、検索条件のところは、60以上の人数を数えるので、”>=60″となります。ここの部分はダブルクォーテーションで囲む必要があるので、そういうものだと覚えてください。

=COUNTIF(C3:C14,”>=60″)

これで6と出力されました。確かに、60点以上の人は6人いますね。

 おわりに

今回は、数を数える関数を3つご紹介させていただきました。

COUNT系の関数をまとめた記事は以下になります。COUNTIFS関数という関数も紹介しています。

今回は数を数える関数であるCOUNT関数についてです。 ここでは、COUNT関数、COUNTA関数、COUNTBLANK関数、COUNTIF関数、COUN...

次回は、四捨五入の関数です。

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 さて、新年初となる内容はExcelの関数についての記事パート3です。今回は、四捨五入、切り上...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする