【Excel】数を数えるCOUNT関数について|条件付きでカウントするCOUNTIF関数、COUNTIFS関数

今回は数を数える関数であるCOUNT関数についてです。

ここでは、COUNT関数、COUNTA関数、COUNTBLANK関数、COUNTIF関数、COUNTIFS関数をご紹介します。

COUNT関数

指定した範囲における数値が入力されているセルの数を返します。

書式

COUNT(値1, [値2], … )

図の表(A2からD13の範囲)において、数値が入力されているセルの数を求める場合。

図:例

セルの範囲A2からD13について、数値が入力されているセルの数を求めたいので、引数には、A2:D13を入力します。

数式

=COUNT(A2:D13)

COUNTA関数

指定した範囲における空白でないセルの数を返します。

書式

COUNTA(値1, [値2], … )

図の表の参加の列において、空白でないセルの数を求める場合

参加の列の範囲はD2からD12ですので、引数にはD2:D12を入力します。

数式

=COUNTA(D2:D12)

COUNTBLANK関数

指定した範囲における空白のセルの数を返します。

書式

COUNTBLANK(範囲)

図の表の参加の列において、空白セルの数を求める場合

参加の列の範囲はD2からD12ですので、引数にはD2:D12を入力します。

数式

=COUNTBLANK(D2:D12)

COUNTIF関数

指定した範囲において、検索条件を満たすセルの数を返します。

書式

COUNTIF(範囲, 検索条件)

図の表において、参加が〇になっているセルの数を求める場合。

範囲には参加列であるD2:D13、検索条件には〇を指定します。〇は文字列のためダブルクォーテーションで囲む必要があります。

数式

=COUNTIF(D2:D13,”〇”)

※記号の丸には漢数字の〇と記号の○があるので注意してください。
ここでは漢数字の〇を使用しています。

COUNTIFS関数

指定した範囲において、(複数の)検索条件を満たすセルの数を返します。

書式

COUNTIFS(検索条件範囲1, 検索条件1, [検索条件範囲2], [検索条件2], … )

図の表において、性別が男の人の参加人数を求める。

今回の例は、2つの条件があります。
条件1.性別が男
条件2.参加が〇

検索条件範囲1は性別の範囲であるC2:C13、検索条件1は”男”。検索条件範囲2は参加の範囲であるD2:D13、検索条件2は”〇”を指定します。

数式

=COUNTIFS(C2:C13,”男”,D2:D13,”〇”)

COUNTIF関数とCOUNTIFS関数の違い

COUNTIF関数は条件が1つのとき、COUNTIFS関数は条件が複数あるときに使います。

ちなみに、SUMIF関数やSUMIFS関数も同様に使い分けます。

[blogcard url=”https://tom-51.net/pc/sumif-sumifs”]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする