【Excel】セルの幅(列の幅)・高さ(行の高さ)の変更する方法|はじめての方向け

Excelではセルという四角の中に数字や文字などを入力していきます。今回は、このセルの幅や高さの変更方法について書いていきたいと思います。

セルとは

セルは数字や文字あるいは数式を入力するための場所です。各々のセルを区別するため行には番号(1,2,3,…)、列には英字(A,B,C,…)が割り当てられており、A1セル、B2セルのように区別します。

図1のようにセルを選択すると名前ボックスという赤枠の部分にA1といったようにセルの名前が表示されていることがわかります。現在、選択しているセルのことをアクティブセル(緑色の枠)といいます。

図1:セルについて

セルの幅・高さを変更する

セルの幅・高さの変更の仕方はいろいろありますので、(他の方法もありますが、)私がよく使う方法をご紹介します。今回も例を使いながら説明していきます。

B2セルに「Microsoft Office Excel」という文字が入力されています。B2セルに収まりきっていないので、幅を変更してみましょう。(図2)

図2:例(ドラッグで視覚的に、ダブルクリックで自動的に幅を変更する)

ドラッグで視覚的に幅を変更する

図2のようにBという列とCという列の間にマウスポインタを置くと左右の矢印(←|→)のようなマーク(図2の赤丸)が出てくるのでこれをドラッグ(クリックしながら引っ張る)して好きな幅に設定します。

ダブルクリックで自動的に幅を調整する

次に、B2に入力されている「Microsoft Office Excel」という文字数にあった幅になるよう自動で調整してみます。

自動で幅を調整するには、図2の赤丸部分をダブルクリックします。ダブルクリックをすると「Microsoft Office Excel」という文字数にあった幅になると思います。

なお、B列のほかのセルにも入力がある場合、一番文字数の多いセルに合わせて幅が設定されます。

数値を入力して幅を変更する

今度は数値を入力して幅を設定してみましょう。

図3の赤枠部分(B列)を右クリックします。すると、列の幅という項目(青枠部分)をクリックします。

図3:数値を入力して幅を設定

すると、図4のように列幅というウィンドウが出てくるので、ここに数値を入力して幅を設定します。

図4:列幅

ここでは、8.38と出ています。図3のB列の幅は8.38ということになります。いろいろな数値を入力して幅が変わるか試してみましょう。

慣れるまでは数値と幅の大きさのイメージが合わないかもしれません。

列の幅の単位について

ちなみに、幅の8.38というのは標準フォントの11ptの大きさで半角の数字が8.38個入るというイメージです。例えば、列の幅を10と設定した場合、標準フォントの11ptの大きさで半角の数字の0が10個入ります。

セルの高さの設定方法

セルの高さの設定は、幅のときと同様です。例えば、B2セルの高さを調整したいときは、幅のときと同様に、2という行と3という行の間にマウスポインタを持っていき、(←|→ポインタを)ドラッグすることで高さを視覚的に調整でき、(←|→ポインタを)ダブルクリックすることで高さを自動調整できます。(図5の赤丸)

図5:行の高さ

2という行を右クリック(図5の青枠)して「行の高さ」という項目を選択することで、数値を入力して行の高さを設定できます。

行の高さの単位について

ちなみに、高さの単位はポイントという単位です。一般的に、1ポイントは1/72インチです。

列の幅、行の高さをまとめて変更する

まとめて列の幅、行の高さを変更するときは、図5の赤枠部分をクリックすると図6のようにすべてのセルが選択されます。

図6:列の幅、行の高さをまとめて変更

あとはすべての列の幅を変更したいときは、図6の黄色の枠部分を上記で説明したドラッグを用いる方法、ダブルクリックで自動調整する方法、右クリックから数値を入力して設定する方法を行えば、すべての列の幅を一括で変更できます。行の高さの場合は、図6の青枠部分について同様の作業を行います。

一部の列または行を指定して、幅・高さを変更する方法

最後にB列、D列、F列という3つの列のみ幅を変えてみましょう。

図7:一部の列または行を指定して、幅・高さを変更

はじめに、B列(図7の赤枠部分)をクリックします。次に、D列(青枠部分)をCtrlキーを押しながらクリックします。最後にF列(青枠部分)をCtrlキーを押しながらクリックします。図7のように背景の色が変わっていれば大丈夫です。(最初だけクリックで選択して、追加したい列がある場合は、Ctrlキーを押しながらクリックしていきます。)

あとは、上記で説明したドラッグを用いる方法、ダブルクリックで自動調整する方法、右クリックから数値を入力して設定する方法で指定した列のみ幅を調整できます。行の高さも同様に行うことができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする