2017年のセ・リーグ順位予想

本日、2017年のWBCのメンバーが一部発表されましたね。残りのメンバーの中で、日本人MLB選手は何人参加してくれるのでしょうか。2017年のWBCが楽しみです。

さて、今回は2017年のセ・リーグ順位予想をしたいと思います。私の予想は、次の通りです。

2017年 セ・リーグ順位予想

私の2017年セ・リーグ順位予想です。

1.読売ジャイアンツ

2.広島東洋カープ

3.中日ドラゴンズ

4.横浜DeNAベイスターズ

5.阪神タイガース

6.東京ヤクルトスワローズ

1位を巨人にした理由

なんといっても補強で戦力がアップしましたね。今年のFAで3選手を獲得しました。巨人らしいといえば、巨人らしいですね。山口俊(DeNA)、森福允彦(ソフトバンク)、陽 岱鋼(日本ハム)の3選手の獲得はかなり大きいです。

投打の総合力で一番と判断しました。

2位を広島にした理由

2016年の広島は圧倒的に強かったです。

先発でいえば、ジョンソン選手、黒田選手、野村選手の3選手が柱になり、打線も神ってる鈴木選手、投打で貢献度が大きかった菊池選手、チャンスで強かったMVP新井選手がいたからだと思います。

しかし、先発の柱であった黒田選手が引退したこと、2016年神っていた鈴木選手と新井選手が今年と同様に活躍できるかが少し怪しいということ、この2点を考慮して2位にしてみました。

3位を中日にした理由

アレックス・ゲレーロ選手を獲得したこと、FA宣言を示唆した大島選手と平田選手が残留したこと、さらにビシエドも残留し、打線の厚みが昨年に比べ増すだろうと予想しています。

先発陣に不安がありますが、大野選手、吉見選手、若松選手がしっかりすれば、それなりの成績が残ると思います。私の応援している球団ということ(笑)もあり、3位にしました。

4位を阪神にした理由

糸井選手の加入はとても大きいと思いますが、打線、投手陣ともにもう少し戦力があればと思います。2年目の高山が今年も活躍できるか、福留も2017年には40歳になりますので、今年ほど活躍できるかが不透明です。若手がどの程度成長してくれるかが今後のポイントになると思います。

5位をDeNAにした理由

筒香選手の活躍が期待でき、ロペス選手、宮崎選手など勢いがつくと怖い打線を持っている一方で、FA宣言で移籍した山口選手と投手陣をリードしてきた三浦選手の引退が大きいとみて5位にしました。

6位をヤクルトにした理由

トリプルスリーの山田選手、3割打者の川端選手がいることはおおきな強味ですが、2016年のチーム防御率が4.73と12球団ワーストです。来年も投手陣に不安を残しながらの戦いになると思われます。

私の順位予想はどうでしょうか。ちなみに、一番嫌いな巨人を悔しながらも1位にしました。私の予想を覆すようなドラマチックなシーズンを期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする