自動車に関する税金(1)自動車税とは?

自動車を持っていると支払わなけらばならない税金があります。

そのひとつが自動車税です。

自動車税とはどのようなものなのでしょうか。

自動車税

自動車税は毎年かかる税金です。4月1日の時点で、自動車を所有している人にかかる税金となります。

表1は普通車の自動車税です。総排気量が高いほど、税金が高いことがわかります。

表2は軽自動車の自動車税です。こちらは、新車の登録時期によって、税額が変わります。

なお、表1も表2も自家用車の場合の税額となります。また、年度の途中に新車登録した場合は、月割り計算となります。ですので、基本的にはどの月に新車登録しても自動車税の面において、損得はありません。

表1:普通車の自動車税(年額)
総排気量 税額(円)
1リットル以下 29,500
1リットル超~1.5リットル以下 34,500
1.5リットル超~2リットル以下 39,500
2リットル超~2.5リットル以下 45,000
2.5リットル超~3リットル以下 51,000
3リットル超~3.5リットル以下 58,000
3.5リットル超~4リットル以下 66,500
4リットル超~4.5リットル以下 76,500
4.5リットル超~6リットル以下 88,000
6リットル超 111,000

表2:軽自動車の自動車税
軽自動車 税額(円)
平成27年3月31日以前に新車登録 7,200
平成27年4月1日以降に新車登録 10,800

自動車税のグリーン化特例

平成29年4月1日~平成31年3月31日の期間中に新車登録を行った場合、登録を行った年度の翌年度分について特例措置が適用されます。環境にいい車の方は、税金少なくしますよというやつですね。

図1:自動車税のグリーン化特例(出典:国土交通省:自動車税のグリーン化特例の概要

図2:軽自動車税のグリーン化特例(出典:国土交通省:軽自動車税のグリーン化特例の概要

以前の特例措置

表3:自動車税の特例措置(平成29年3月31日まで)
区分 対象 措置
次世代自動車 電気自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド自動車、クリーンディーゼル車、平成32年度燃費基準+20%達成車 75%軽減(普通車)

50%軽減(軽)

平成32年度燃費基準+10%達成車 ハイブリッド自動車、ガソリン自動車 平成17年排出ガス基準75%低減レベル 平成32年度 燃費基準 +10%達成車 75%軽減(普通車)

25%軽減(軽)

平成32年度燃費基準 達成車  平成32年度燃費基準 達成車 50%軽減(普通車)

25%軽減(軽)

平成27年度 燃費基準
+20%達成車
 平成27年度 燃費基準
+20%達成車
50%軽減(普通車)

軽減なし(軽)

その他  軽減なし

使用年数が多い自動車

使用年数が多い自動車は税金が高くなります。ガソリン車、LPG車は新車登録後13年を超えると自動車税の負担額が概ね15%高くなります。また、ディーゼル車は11年を超えると自動車税の負担額が概ね15%高くなります。

軽自動車は13年を超えると自動車税が概ね20%高くなります。

もし節税するとしたら

自動車税は月割り計算になります。よって、月の終わりに登録するよりも、月の初めに登録した方が約1月分お得になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする