幼稚園・保育所・認定こども園の違いについて

最近、幼稚園、保育所だけでなく、認定こども園という言葉を聞くようになりました。

幼稚園と保育所は昔からあるからなんとなくわかるけど、認定こども園ってなんだろうと思っていらっしゃる方も多いと思います。

幼稚園と保育所と認定こども園の違いはなんでしょうか。

幼稚園と保育所と認定こども園の違いとは?

それぞれを簡単に比較してみます。

幼稚園

幼稚園は、学校教育法に基づく学校であり、文部科学省が管轄しています。幼稚園は学校なので、教育がメインの施設となります。

保育所

保育所は、児童福祉法に基づく児童福祉施設であり、厚生労働省が管轄しています。保育所は、保護者の就労等、何らかの理由で保育に欠ける方が子どもを預けることのできる施設です。ちなみに、保育園と何が違うのと思った方。「保育所」=「保育園」と思っていただいて大丈夫です。児童福祉法では、保育所とされていますので、こちらでも「保育所」統一させていただきます。

認定こども園

認定こども園は、教育と保育を一体的に行う施設で、幼稚園と保育所の両面を併せ持つ施設です。認定こども園は、幼稚園と保育所の両方の機能を持っているイメージですね。ちなみに、認定こども園の管轄は内閣府です。つまり、文部科学省も厚生労働省も関係しているということになります。

幼稚園 保育所 認定こども園
根拠法 学校教育法 児童福祉法 子ども・子育て支援法

就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律

管轄 文部科学省 厚生労働省 内閣府

認定こども園の4つの類型

認定こども園についてもう少し詳しくご紹介します。認定こども園は4類型に分かれています。

幼保連携型

幼保連携型の認定こども園は、幼稚園と保育所の両方を併せ持つ施設になります。

幼稚園型

幼稚園型の認定こども園は、幼稚園が保育所の機能を持ったタイプです。幼稚園をベースに保育所機能がある施設というイメージです。

保育所型

保育所型の認定こども園は、保育所が幼稚園の機能を持ったタイプです。保育所をベースに幼稚園機能がある施設というイメージです。

地方裁量型

地方裁量型の認定こども園は、幼稚園・保育所いずれの認可もない地域の施設が幼稚園機能と保育所機能を持っているタイプです。

今までいろいろな施設を説明しましたが、同じ認定こども園でも園によって教育・保育方針が違ったりします。教育・保育方針、保育料(授業料)、保育の必要性等を勘案して施設を選ぶことが大切ですね。この中で国が推している施設は、幼保連携型認定こども園のようです。今後、幼保連携型の認定こども園が増えていくかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする