最近の中日ドラゴンズについて思うこと

最近の中日ドラゴンズについて思うことをだらだらと書いていきます。

順位が低いと応援する気が落ちる

近年の中日ドラゴンズは弱いですね。やはり、負ける試合が多い、順位が低いと応援する気が落ちます。

2018年8月7日現在、安定の最下位です。

2018年8月7日現在の順位(出典:https://baseball.yahoo.co.jp/npb/)

中日ドラゴンズに興味をもったきっかけ

私が野球に興味を持ったきっかけは、実況パワフルプロ野球2というスーパーファミコンのゲームをはじめてからでした。愛知県出身ということもあり、自然に中日ドラゴンズを応援するようになったと思います。

実況パワフルプロ野球2018

私が野球に興味を持つようになってきた当時、中日ドラゴンズには、福留孝介選手(現、阪神タイガース)がいました。

(当時の←)福留選手の打撃フォームが好きで、自然と中日ドラゴンズで一番好きな選手となっていました。バッティングセンターで左打席も打つようになったのは、彼の影響です。YouTubeに映像があったので、貼っておきます。相変わらず、かっこいいのでよかったら見てみてください。(1:00ジャストくらいでHRがすぐ見れます。)

当時の福留選手は、ここぞというときに必ずタイムリーやHRを打ってくれた記憶が強いです。言葉では表しにくいですが、応援していて、1球1球ドキドキワクワクがありました。そして、当時の中日ドラゴンズはほとんどAクラス。最近のように、毎年最下位候補になるということは考えられませんでした。

参考までに、2000年以降の中日ドラゴンズの順位です。少し前までは、Aクラス常連ですね。

中日ドラゴンズ歴代順位(2000年~)(出典:NPB.jp http://npb.jp/bis/teams/yearly_d.html)

ある程度の順位と応援したくなる選手が必要

中日ドラゴンズに限った話ではないですが、最低限ある程度の順位と球団に応援したくなる選手が必ず1人以上は必要だと思います。

近年の中日ドラゴンズは順位も悪い、応援したくなる選手がいないという最悪の状態だと私は思います。

ここでいう応援したくなる選手というのは毎年オールスターなどに出るであろう球団を代表する選手です。例えば、近年順位が低いヤクルトには山田哲人選手、DeNAには筒香嘉智選手のように応援したくなる選手がいると思います。

ところが中日ドラゴンズはどうでしょうか。

・・・

いません。(泣)

中日は大島選手?平田選手?。正直、今の成績では物足りないです。山田哲人選手、筒香嘉智選手のようにここぞというときに期待できる選手、順位が決まった後、個人の記録だけでも楽しめる選手がいてくれるというのはとても大切なことだと思います。当時の中日ドラゴンズにおける私にとっての応援したくなる選手というのが福留選手でした。

勝つことが最大のファンサービス

落合監督が「勝つことが最大のファンサービス」と言ってたことがありました。私は、この言葉に大賛成です。今になってさらにこの言葉は正しかったと再実感しております。

落合監督時代はファンサービスが悪いと言われることがありました。確かにファンサービスは良くない方だったかもしれません。それでも、中日ドラゴンズファンの私としては、試合に勝って、クライマックスシリーズに行って、優勝、日本一。というのが一番嬉しいです。

ファンと交流することも選手の大切な役割かもしれませんが、まずはファンのために、試合に勝つことをお願いします。

それでも中日ドラゴンズを応援する

現在とても弱い中日ドラゴンズ。負け試合が多いためストレスが溜まることは増えましたが、小さいころから応援しているので、嫌いにはなれません。弱くても試合結果が気になりますし、今でもしっかり応援しています。

今後は、山田哲人選手、筒香嘉智選手クラスの中日ドラゴンズを代表する選手が出てくることを祈っています。中日ドラゴンズのお財布事情はわかりませんが、FA等で補強してもいいと思います。(最近でいえば、和田選手のように。)やはり、軸になる選手がいることで、順位も必然的に上がってきますし、ファンも増えます。

そして、勝つことで、ファンも観客動員数も必ず増えるはずです。また、強い中日ドラゴンズになることを期待して、明日からも応援していきたいと思います。

点が入らなくても1点を守り切る投手中心の野球、福留選手、タイロンウッズ選手がいたときのような打線で勝つ野球、投打のバランスのとれた野球、どんな形でもいいので、とにかく勝てる試合が見たいです。

中日ドラゴンズファンのみなさま、弱くてつらい年が続いていますが、頑張って応援していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする